サポート食としての青汁

青汁とひとことにいっても色んなタイプのものがありますよね。メジャーなのは水に溶いて飲むタイプのものですが、冷凍や粒タイプもありますよね。

噂によると冷凍タイプのものは生の葉っぱから作った感のある生々しさが楽しめるらしいと聞きますが、どうなんでしょうか。

飲む前に常温で解凍しないといけない気がするので、飲もうと思ったときに飲めなさそうかも…と思うのですが、そんなこともないのかな??電子レンジとかで加熱しちゃうとビタミンCとかが破壊されてしまう気がするんですけど、飲もうと思ったときにさっと飲めるものなのかな??

あと、フレッシュさでいえば生の青汁も気になります。まあ、一説には緑色をした汁ならなんでも青汁というらしいので、分類としてはもう、大分なんでもアリな気もしてきますが。けど、青汁といえば真緑の甘味のない汁!!っていうイメージありきな分類が王道といえば王道ですよね。

そういうメリットなんかを色々考えてみると、粒タイプのものって水でごくっと飲み干せるので、味がどうあれあまり関係ないですし、一瞬で飲んでしまえるっていうのがすごく魅力的だと思います。ただ、野菜として考えると、当然1回に食べる量もそこそこの量を必要とするわけで、いくら粒状に凝縮されているとはいえ、5ミリ強~1センチ弱の粒をものによっては数粒からスプーン1杯飲むのがてきりょうになってくるんですよね…これがまた結構な迫力だったりもして。

あ、けど、こういう食べ方をすると「サプリメントっていっても、やっぱり食材として1品なんだな」と気付かせてもらえたりもするので、ソレはソレで意味がある気もします。要するにスプーン1杯に凝縮された乾燥野菜を一口食べます!!っていうのが目の当たりになりますしね。けど、粒タイプとはいえ青汁といえばやっぱりわざわざにでも味わってみたくなるのが好奇心ですよね。で、試しに飴玉のように舐めてみると…意外と美味しかったりもします。

ものすごくギューッと握ったほうれん草を舐めてるみたいな感じで、思いの外苦味は感じないものなんですよね。なんせ1歳児が欲しがったので1粒口に入れてみたら、そこそこ地道に味わって楽しんでましたもん。

サプリメントと聞くとついついこれを飲んでたら健康維持できるから大丈夫と思ってしまいがちですが、注意書きにもあるとおり、摂ってるからといって健康が維持できるというものではなく、やっぱりあくまで食品の1つとしてとらえなきゃいけないんだなあと思います。けど、自分で色んな食材を組み合わせて食事に取り入れてバランスを維持するのはなかなかしんどいものだったりもするので、やっぱり青汁もありがたいものだなあと思ったりするのです。粉末が人気上昇していますけど、私はあの青汁の美味しすぎない健康に良さそうな感じの好きですね。

水には軟水と硬水があります。

水はどれも無色透明で同じように見えます。しかし、大きく分けて軟水と硬水がある。
硬度の度数によって区別される。硬度は、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって分類される。

硬度を示す公式があるのだが、それに当てはめると0~60mg/lは、軟水。60~120 mg/lは中程度の軟水、120~180mg/lは硬水、180mg/l~非常な硬水と分類されている。

無味無臭で無色透明な水だから味や風味に違いがあるのかいうと、飲み比べればたぶん分かると思う。

私が比べた時は、硬水はどことなくねっとりとした感じで、軟水はさらっとしていて飲んですぐに分かった。そのねっとり感がなじめず硬水は飲めなかった。

硬水はミネラルが豊富に含まれているのでスポーツの後のミネラル補給に適しているだろう。

赤ちゃんの調乳には元々ミルクにミネラルが含まれているので、ミネラルの少ない軟水(硬度0mg/l)が適しているだろう。

このように水にはその飲み方や使い方によって適している硬度があるので、それを踏まえた上で市販の水やウォーターサーバーの水を利用したいものですね☆
ウォーターサーバーランキングを見ると、水の硬度だけじゃくて、サーバーレンタル料金など総合的に比較できるのでおススメです。

更年期障害だと思っていたら自律神経失調症でした

自律神経失調症になった時、自分が自分でなくなったような気がしました。まず夜眠れなくなりました。寝たい気持ちがあるのに、布団の中に入って目をつぶってもまったく眠れなくなりました。それが不思議でなりませんでした。

たしかに身体は疲れていて頭も疲れていたので、できることなら早く眠りにつきたかったのです。だけど寝なくてはならないと思えば思うほど眠さがどんどん遠のいていきました。しまいには朝まで眠れなくて、そのまま起きて家族のために朝ごはんを作っていました。今考えてみて、そういう生活が何日も続けてできたことが不思議でなりません。

それが自律神経失調症という病気の始まりでした。私が40歳の頃の話ですが、その頃は早い更年期障害がやってきたのかと思ってずいぶん悩みました。私の母が40代に入って間もなく更年期障害になっていたので、私も同じような年齢になって母と同じように更年期障害が始まったと思ったのです。

だけど実際は自律神経失調症だということがかかりつけの病院で診てもらって分かりました。

そんな病気に私がかかってしまったことがショックでしばらくは家から出られませんでしたが、家の中で身体を休めたことが良かったのか、それから少しずつ体調が良くなりました。

ダイエットは家計に優しい!?

近年は飽食の時代であるといわれています。それに伴うように肥満、メタボリック症候群なども問題となってきていますね。
生きるために食すというよりは、美味しいモノを食べるという意識の方が近年は強いように感じます。
『さぁ今日は何を食べよう?』食において選択の幅は非常に広く、どんな料理もお金さえ払えば大抵のものを食べることができてしまいます。

しかし、この美味しいという感覚は、食材そのもののほかに調理、味付け、手間という要素が含まれますね・・・。調理法、味付けは主に美味しいものを作り出すためのものであり、美味しいお店が評価をされて繁盛します。
最近でこそ、健康にいい料理というのが脚光を浴びてきているものの、基本的には、ほとんどの人がお店を評価するのは『美味しさ』、『価格』であり、その相反する2項目に力を注ぐのであれば、ダイエット、カロリーなどとはいっていられないものです。

ゆえに、外で美味しい食事をすれば、『脂肪は溜まれどお金は溜まらず』なわけです。

ダイエットを成功させたければ、高いお金を払って何かしら策を講じる前に、贅沢しなければ良いということも言えると思います。
↑↑
これがまた中々できないんですけどね・・・

最近は、『ダイエット』がビジネスにおいてホットな市場であるといわれていますが、実は、ダイエットは家計に優しかったりします。
世の中って面白いなぁと最近思うのであった。その浮いたお金で妙な贅沢をするのではなく、トレーニングマシンを購入する方が、健康的にも良いですよね。ホットヨガスタジオなどは、月額で料金がかかって来る場合もありますから、できるのであればトレーニングマシンで痩せるのが家計的には一番ですね~。

美容茶感覚の青汁

美容茶感覚の青汁で、キレイになろう!!
私、青汁が好きで特にこだわって、どこそこの青汁を飲んでいるとかいうことでもなく、通販で見つけたり、どこかのお店のレジで並んで待っている時、レジの横にさりげなく青汁が置いてあったりすると、ついつい買ってしまいます(^-^;
基本、健康マニアなので体に良いものが好きなのですが、前にすごく美容に良さそうな青汁を飲んだことがあります!!

確か名前は『ふるさと青汁』だったと思うのですが、大麦若葉とどちらかというとお茶に近い飲み味の〝明日葉〟と〝桑の葉〟が入っていて、青汁というより美容茶のような感覚で飲んでいました!!

明日葉って、青汁の原材料の中でも女性に人気の成分みたいで、健康というよりどちらかというと美容に良いものらしいです!!

美容茶感覚でサラッと美味しく飲めるので、この青汁なら続けてみたいな~とも思ったのですが、あれ以来飲んでいません・・・。もう一度、買うにしても一体どこで買ったのだろうと記憶をたどってしまいます(^-^;

多分、インターネットで買えると思うけど・・・(- -;)
見つけたら、そっこうで買ってみたいです!!

脱毛したい。まずはランキング

初めてのことに挑戦したい時は、CMや電車の吊り広告などで決めることもあった。でも、お店の雰囲気や店員さんの接客態度などは見えてこない。一番知りたいのは、価格はもちろんそういうことも合わせて知りたいのでないかな?今は口コミやランキングを見ると参考になるものが多い。脱毛とか体をケアするものに対してはより慎重になるでしょう。

失敗は絶対にしたくないからだ。だから、どこのお店にするかどうやって決めるのか。口コミランキングはとても参考になるでしょう。

しかし、少し前にそのお店の良い口コミをお金で斡旋していることが発覚し信憑性が問題になった。だから鵜呑みにしてはいけないのかなと思ってしまった。

<関連文献>銀座カラー口コミの真実がココに!予約前評判確認ナビ

映画やテレビなどを同じように見ても好きな人もいれば、苦手という人もいるだろう。だから、同じ接客や施術でも感じ方に個人差があるということを頭のどこかに置いて口コミやランキングを参考にしたいなぁ。どのランキングもいい意味で私の予想を裏切ってくれる。そして、私はまた迷うのであった(^^;