水には軟水と硬水があります。

水はどれも無色透明で同じように見えます。しかし、大きく分けて軟水と硬水がある。
硬度の度数によって区別される。硬度は、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって分類される。

硬度を示す公式があるのだが、それに当てはめると0~60mg/lは、軟水。60~120 mg/lは中程度の軟水、120~180mg/lは硬水、180mg/l~非常な硬水と分類されている。

無味無臭で無色透明な水だから味や風味に違いがあるのかいうと、飲み比べればたぶん分かると思う。

私が比べた時は、硬水はどことなくねっとりとした感じで、軟水はさらっとしていて飲んですぐに分かった。そのねっとり感がなじめず硬水は飲めなかった。

硬水はミネラルが豊富に含まれているのでスポーツの後のミネラル補給に適しているだろう。

赤ちゃんの調乳には元々ミルクにミネラルが含まれているので、ミネラルの少ない軟水(硬度0mg/l)が適しているだろう。

このように水にはその飲み方や使い方によって適している硬度があるので、それを踏まえた上で市販の水やウォーターサーバーの水を利用したいものですね☆
ウォーターサーバーランキングを見ると、水の硬度だけじゃくて、サーバーレンタル料金など総合的に比較できるのでおススメです。

更年期障害だと思っていたら自律神経失調症でした

自律神経失調症になった時、自分が自分でなくなったような気がしました。まず夜眠れなくなりました。寝たい気持ちがあるのに、布団の中に入って目をつぶってもまったく眠れなくなりました。それが不思議でなりませんでした。

たしかに身体は疲れていて頭も疲れていたので、できることなら早く眠りにつきたかったのです。だけど寝なくてはならないと思えば思うほど眠さがどんどん遠のいていきました。しまいには朝まで眠れなくて、そのまま起きて家族のために朝ごはんを作っていました。今考えてみて、そういう生活が何日も続けてできたことが不思議でなりません。

それが自律神経失調症という病気の始まりでした。私が40歳の頃の話ですが、その頃は早い更年期障害がやってきたのかと思ってずいぶん悩みました。私の母が40代に入って間もなく更年期障害になっていたので、私も同じような年齢になって母と同じように更年期障害が始まったと思ったのです。

だけど実際は自律神経失調症だということがかかりつけの病院で診てもらって分かりました。

そんな病気に私がかかってしまったことがショックでしばらくは家から出られませんでしたが、家の中で身体を休めたことが良かったのか、それから少しずつ体調が良くなりました。